小児医療情報収集システム

小児と薬情報収集ネットワーク整備事業

事業説明

Business description

小児と薬情報収集ネットワーク
整備事業について

平成24年から厚生労働省からの補助事業として、国立研究開発法人 国立成育医療研究センターが実施している事業です。小児用医薬品は、安全性・有効性の評価が難しいこと、治験が難しいこと、採算性が乏しいことなどから、医療現場では小児用量が設定されていない医薬品を投与量を減らすなどして使用されています。小児と薬情報収集ネットワーク整備事業では、全国の小児医療機関等から小児における副作用情報や投与量情報などを収集、分析、評価する体制を整備することにより、小児領域における医薬品の安全対策のさらなる向上及び小児用医薬品の開発に貢献することを目的としています。

小児医療情報収集システムについて

小児医療情報収集システムとは、小児医療施設等から電子カルテ情報および患者(代諾者を含める。以下同様)から聴取した問診情報を組み合わせることで、より精度の高い情報を収集するシステムです。具体的には、本システムを導入する小児医療施設等の電子カルテシステムからSS-MIX仕様(Standardized Structured Medical record Information eXchange)にて医療情報(病名情報、処方・注射実施情報、検体検査結果情報等)を集約させるSS-MIXサーバと、当該情報を抽出可能とするゲートウェイサーバ、患者状態や症状・徴候(いわゆる問診情報)を収集する高度品質診療(問診)情報収集システム、および両者のデータを統合し、検索・分析可能な情報として管理する医療情報データベースから構成されています。

小児医療情報収集システム概略図